東京医科歯科大学への統合前の優遇課金適用

東京工業大学と東京医科歯科大学が統合し、2024年10月に東京科学大学が誕生します。その統合に先立ち、東京医科歯科大学メンバーに対して東京工業大学の学内者と同等の優遇課金を適用致します。なお、既にTSUBAME共同利用をご利用中で条件を満たす場合、今年4月に遡って適用されます。

利用開始方法

大学統合前(2024年9月まで)
 TSUBAME共同利用(学術利用)として、課題申請してください。
 10月の大学統合後は、ご利用中のアカウントで学内利用者として継続して利用可能です。
 詳細は 東工大以外からの利用(共同利用)をご参照ください。

大学統合後(2024年10月以降)
 東京科学大学の学内利用者として利用可能となります。
 10月以降に利用開始する場合の具体的な手続きについては、現在検討中です。 
 

適用対象

 医科歯科大か東工大のどちらかに在籍する教職員、学生等のみからなるグループが対象となります。
 

利用終了後の成果報告書の免除

 学内利用と同等の取り扱いとし、共同利用(成果公開)で課される成果報告書の提出については免除します。
 

利用料金の支払い方法

大学統合前(2024年9月まで)
 9月末までに支払い可能なポイント購入は請求書払い(消費税あり)となります。
 9月末までに支払いが間に合わない場合はポイント購入は受け付けません。

大学統合後(2024年10月以降)
 10月以降のポイント購入は学内振替(非課税)での手続きとなります。
 

購入済みのTSUBAMEポイントの有効期限

 TSUBAMEポイントの有効期限は購入した年度の年度末です。
 そのため、9月末までに購入済みのポイントは10月以降も継続して利用可能です。
 

利用料金

大学統合前(2024年9月まで)
 割引の適用は制度とシステムの都合上、購入金額を直接割り引くのではなく、購入金額に合わせて無償でTSUBAMEポイントを追加付与する形で行います。具体的には、共同利用(成果公開)の通常価格(1口 400 TSUBAMEポイントが税込11万円)で購入したポイントに、3倍のポイントを追加付与します。  

大学統合後(2024年10月以降)
 学内優遇価格(16 TSUBAMEポイントが千円、非課税)が適用されます。

参考: 利用料の概略

 利用条件購入単位価格1ノード時あたりの価格
共同利用(学術) (本則)成果公開(要成果報告書)約400ノード時110,000円 (税込)約275円 (税込)
医科歯科大ユーザ向け優遇(2024年9月まで)成果公開(報告書免除)約1600ノード時110,000円 (税込)約68.75円 (税込)
学内優遇価格(2024年10月から)学内者のみ(旧医科歯科大含む)約16ノード時1,000円約62.5円

問合せ先

本制度に関して、ご不明な点などございましたら、下記までお気軽にお問合せください。

〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1 E2-6
東京工業大学 学術国際情報センター 共同利用推進室

E-mail: kyoyo@gsic  (「@」を半角へ変換し、 titech.ac.jp を付けて下さい。)